作業モジュール

機械オペレーター向けの確かな技術

軌道と機械に関する情報の収集・表示・処理を行う当社の各種オンボードシステムにより、機械関連データの活用範囲が広がります。システムを用いることで無駄な作業中断が回避され、作業の最適化と透明性の向上が実現されます。また、インテリジェントなサポートプログラムが軌道に関するデータを表示し、これをユーザーがリアルイムで分析して役立てることができます。

SmartALC

保線機械の運転をスムーズに行うには、操作システムが欠かせません。新バージョンの自動ガイダンスコンピュータALCは、直感的な操作ができるユーザーインターフェースと各種機能を備えています。機械オペレーターの作業をサポートし、作業工程をより確かなものにします。

  • 全体をひと目で把握できる21.5インチHDディスプレイ
  • 使いやすいタッチパネルとキーボード
  • 水平レイアウトと直感的なユーザーインターフェースで見やすさが向上
  • シンボルを使って機械を簡単に見える化
  • 機械のシンボルに合わせて数値を正しく表示
  • ボタンひとつで正確な誤差補正
  • 夜間モードを使えば夜間の作業でも見やすい明るさの画面に
  • 個々の変位箇所の修正からBIMプロジェクトまで
  • イベントへの的確な対応で作業効率が向上

20年前から軌道検測とマルタイによる軌道線形補修の要として活用されてきたALC。近代的な作業環境を構築すべく、ハード・ソフトとも根本的に改善されました。

線形データ記録システム(DRP)

電子データ記録システムDRP(Data Recording Processor)は、軌道に関する様々なパラメーター(高低、通り、水準、平面性など)を記録・分析・表示します。特にマルタイや道床安定作業車による作業の後に使用します。

各種パラメーターの測定装置は、アナログ信号を発信します。信号はDRPが一定間隔で(例えば25cmごとに)読み取り、アナログ/デジタル変換して保存され、ディスプレイに表示されます。データは必要に応じて市販のプリンターで印刷することもできます。

測定値の全デジタル処理により、このシステムではさまざまな新しい方法での分析が可能です。まず、測定値を各パラメーターの軌道整備基準値と比較することで、許容限界値超過が特定されます。そして自動的に視覚化され、限界値超過に関するレポートに列記されます。保存された測定データは、USBを使って別のコンピュータに転送し、処理することができます。

ハードウェアの主な構成要素は、各種パラメーターを測定するアナログ測定装置、15インチ・タッチパネル搭載のパソコン、測定信号の記録とデジタル化のためのPLCです。

自動タンピング支援システム(TA)

自動タンピング支援システム(Tamping Assistant, TA)は、スキャンした軌道データを分析し、支障物を感知して、オペレーターをアシストするAIベースのシステムです。機械を自動停止させたり、作業装置の位置確認をしたりします。こうした作業提案により、質の高い作業を何度も再現することができます。また、タンピング作業を記録することで、軌道メンテナンスの透明性も高まります。

TAは軌道をスキャンし、的確な作業指示を出し、機械の作業装置を制御します。そのため、オペレーターの負担軽減だけでなく、誤操作リスクも低減します。手動介入が必要な場合には、いつでも手動で操作することができます。