レール損傷測定装置|RSCM

RSCMはレール表面の損傷を検査するための測定器です。転がり接触疲労(きしみ割れやシェリングなど)、はく離、ピッチング傷などの損傷を深さ7mmまで検出・分析します。

測定

レールに磁束を発生させた後、5mm間隔の19個の高感度センサーでレールヘッドを検出します。迷走磁場の変化から、レール表面傷の深さと形状(最大7mmの欠陥深さ)を正確に捉え、リアルタイムで表示します。測定区間内のレール表面傷の把握は、その区間に必要なレール削正量を計画する上で重要です。

 

簡単な操作

RSCMのセット・オフセットと操作は一人で行うことができます。わずか数ステップで操作可能な状態になり、必要であれば装置をすぐにレールから外せます。

 

技術仕様

製造  
 製造会社 Vogel&Plötscher社(フォーゲル&プレッチャー社)
測定パラメータ  
 測定分解能 0.1 mm
 測定間隔 2mm
 測定可能深さ 0.1~7.0mm
 最大ストレージ容量 測定距離20km
 バッテリー稼働時間 4時間以上
 IP保護等級 IP65
 測定速度 時速2.5km以下
 適合規格(ヨーロッパ)

DB Ril 821.2007V03-36及び DIN EN 61000-6-4:2017

寸法・重量  
 本体 約 700 x 165 x 820 mm |  20kg
測定システムの絶縁 あり

 

※商品のデザイン、仕様、外観は予告なく変更する場合があります。