Plasser Smart Maintenance Suite

データから情報へ

Plasser Smart Maintenance Suite (PSMS) は機械および線路関連データの総合管理プラットフォームです。機械管理、線路管理、アプリケーションという3つのモジュールから構成されています。

機械管理モジュール

機械管理モージュルでは全ての登録した機械およびそれらのステータスを素早く確認できます。機械作業サポートや保守作業等の最適化に寄与します。機械管理モジュールの最も大切な機能の一つに線路管理モジュールへ詳細かつ正確なデータを供給します。そのようなデータを活用し、保線作業や機体、さらにはそのメンテナンスを最適化します。

線路管理モジュール

線路管理モジュールは軌道を含む鉄道インフラ管理を担います。線路管理モジュールは以下の主要モジュールで構成されます。Virtual Track Master(仮想化された線路)、Virtual Track Walk(バーチャル現場調査)、Sync Master(データ整合システム)等のサブシステムから構成されています。線路管理モジュールの主な目的は位置・時間合わせされたデータのポテンシャルを最大限に発揮し、保線作業の自動化を促進することです。

アプリケーション

新しいSmartALC自動ガイダンスコンピュータ、OBCS支障物管理システム、DRP線形データ記録システム、PMG機械点検ガイド等のアプリケーションもご提供します。